オリジナル碾茶炉

S-TEC杉本製茶機械製「BDF碾茶炉」

オリジナル碾茶炉

仕様

形式 「碾茶炉BDF−3」 「碾茶炉BDF−4」
煉瓦積み3段式碾茶炉 煉瓦積み4段式碾茶炉
散茶機 ステンレスケースファン(3〜5台各仕様有)) ステンレスケースファン(3〜5台各仕様有)
湿気抜筒 4箇所(下段内・シャッター付 4箇所(下段内・シャッター付)
排気筒 5箇所(炉天井・ダンパー付) 5箇所(炉天井・ダンパー付)
煙道 帰り煙道 帰り・中間煙道
(バランス調整ダンパー付)
機関部 ロール部一体型 ロール部一体型
バーナー シングルタイプ(オリンピア製S-TEC-SP) シングルタイプ(オリンピア製S-TEC-SP)
ツインタイプ(オリンピア製S-TEC-SP) ツインタイプ(オリンピア製S-TEC-SP)
ネット 2000mm幅(スチール製)  2000mm幅(スチール製) 
2000mm幅(ステンレスSUS304製) 2000mm幅(ステンレスSUS304製)
2000mm幅(ステンレスSUS430製) 2000mm幅(ステンレスSUS430製)
温度計 下段デジタル3箇所・上部6箇所 下段デジタル3箇所・上部6箇所
炉制御 「お〜とくん碾茶炉」 「お〜とくん碾茶炉」
点検口 下部前後に2箇所 下部前後に2箇所
6箇所(レール付引戸) 6箇所(レール付引戸)

当社の碾茶炉は独自の煙道設計と制御技術により抜群の安定感と加工量を実現し「色よく・香り深い」碾茶が製造できます。
そして碾茶炉全体の状況を「お〜とくん碾茶炉」制御盤で「みえる化」し炉内の状況を一目で見て対応できます。

「お〜とくん碾茶炉」は今まで面倒だったバーナーの抜き差しも必要無くなり運転ボタン・運転停止ボタン一つで碾茶炉を作動できます。
運転ボタンを押すと「排煙ファンがON→バーナーONになり→100℃になると→下段ネットON→後部吹上ON→150℃になると→上部ネットON→散茶機ON→設定温度に到達」というようにすべて自動で加工準備をおこないま。
逆に運転を止める時は「バーナーOFF(バーナーファンは回る)→排煙ファン全開→150℃に下がると→上部ネットOFF→散茶機OFF→100℃に下がると→下段ネットOFF→後部吹上OFF→70℃に下がると→バーナーファン→排煙ファンが自動停止し運転終了となり加工後の手間を軽減できます。
そして、この一連の動作を自動で一定に行うことによりネットの痛みを軽減できる事にもなります。