オーバーホール

オーバーホールの必要性

オーバーフロー済

弊社のオーバーホール定義

メンテナンスとは、製茶機械を正常な状態で稼働できるように手入れすることを言います。機械のメンテナンスは点検、修理、整備などが主な作業で、具体的には、破損や劣化した部品等の再生や交換、制御盤プログラミングの最新バージョンアップ等を行います。
一方、オーバーホール(Overhaul)は、各製茶機械を部品やユニット単位まで分解して掃除します。そして、再度組み立て配線をして、導入時(新品時)の性能に戻す(或いはそれに近い状態にする)作業のことを言います。
製茶工場においては、機械設備は必須のものであり機械設備が期待通りの性能や効率を実現しないと、期待通りの製茶ができません。その意味で、製造現場では、機械を上手く使う為に定期的なオーバーホールをお勧めします。
オーバーホールを行う事で、コスト面、品質面、保全面において次のような効果があります。


 

コスト面

オーバーホールにより、機能や性能が維持でき、生産性が向上し、故障も少なくなるため維持コスト修繕コストが低減できます。

品質面

オーバーホールにより機械の稼働率が向上すると共に安全性や使い易いが維持でき、安定した品質の製茶が可能となります。

保全面

オーバーホールにより、故障があっても修繕しやすくかつメンテナンス性も向上します。

関連記事

  1. read more

    独自技術を活用したオリジナル制御盤

  2. read more

    お問い合せから納品まで

  3. read more

    茶葉の価値を引き出し、衛生面も考えた製茶機械を提供!...

  4. read more

    オリジナル碾茶炉

ABOUT

各産地の特長を生かした製茶工場の製茶機械を、設計・販売・設置をご提供!株式会社杉本製茶機械のご案内です!

Categories

登録されている記事はございません。

Product service

  1. read more

  2. read more

  3. read more

ページ上部へ戻る